A式段ボールとは?①

    A式段ボールとは?①

    2021.05.17

    A式段ボールとは、段ボール箱の形状のひとつで、代表的な形式です。
    A式段ボールは、いわゆる「みかん箱」タイプの段ボール箱です。
    段ボール箱には様々な形状があり、内容品用途によって使い分けられています。
    段ボール箱はその形状によって加工方法が異なり、製造コストも変わってきます。
    A式段ボールは製造コストが安いだけでなく様々な利点があり、広く使用されています。
    この項では、A式段ボールが他の形状の箱よりも安い理由を解説していきます。

    A式段ボールとは?

    A式段ボールとは、段ボール箱で広く使われている形状ですA-1式とも言います。
    いわゆる“みかん箱”タイプの箱です。天地面をテープ等で封緘して使用します。
    JIS規格(日本工業規格)では、JIS Z 1507の0201形と規定されています。
    A式以外のB式、C式、その他の形状については別項で触れていきたいと考えています。

    段ボール

     

    A式段ボールのメリットとは?

    A式段ボールのメリットは製造コストが安いことです。段ボール自体コスト的にメリットがある素材です。そのなかでもA式段ボールは他の形式に比べてコスト的に有利なのでしょうか?
    それは、A式段ボール箱の加工方法に秘密があります

    製造工程におけるA式段ボールのメリット
    ①段ボール加工機械で高速・大量生産できる。(製造コストダウン)
    ②抜き型費用がかからない。
    ③抜き型をセットする時間がかからない。
    ④箱を製造するのと同時に印刷を入れることができる。
    ⑤箱寸法に自由度がある。

    A式段ボールと他の形式の加工方法の違い。

    製造工程におけるA式段ボールのメリットを説明するために“抜き”という加工を説明します。A式段ボールの製造工程(前述①の説明)は後述します。
    段ボール箱には様々な形状があります。A式以外のほとんどはその形状に加工するため“抜き”という工程が必要です。
    “抜き”工程では段ボールシートを抜き型(木製の板に金属製の刃物を埋め込んだもの)に押し当てて、打ち抜きます。段ボールシートを打ち抜くことでどのような形にもできます。
    缶ビールが24本入っている段ボールを見ますと、形式はA式と同様ですが蓋の角など曲線になっていると思います。これは抜き加工で製造されています。
    抜き加工の機械には盤ダイカッターロータリーダイカッターがあります。
    平盤ダイカッター段ボールシートを1枚ずつ給紙し、抜き型を上下運動させ、プレスして打ち抜きます。1枚ずつ位置合わせするので機械とはいえ、スピードは遅くなります。ロータリーダイカッターは抜き型を回転させることで段ボールシートを打ち抜きます。平盤ダイカッターより高速で生産できます。
    このように、抜き工程の場合、平盤でもロータリーでも抜き型の費用が発生します。
    ロータリーダイカッターの抜き型は金属ロールにセットできるように湾曲させた木に刃物を埋め込み製作しますので、抜き型にコストがかかります。形状やサイズにもよりますが、平盤であれば数万円でできる抜き型がロータリーの型だと数十万円する場合もあります。従って、ロータリーの型を使用する場合、継続する商品か数量が見込まれる商品でないと抜き型代が償却できないという問題が発生します。
    また、機械に抜き型をセットする場合、平盤・ロータリーとも数十分単位で時間がかかります。そのため、1ロット100枚であれ、数万枚であれ見積もり時には一律のセット賃を加算するのが普通です。これを台数計算といいます。何万枚の製造ロットであれば、数千円のセット賃であっても1枚辺りの単価はあまり変わりませんが数百枚のロットであれば1枚当たり数十円以上になります。
    以上のように、抜き工程がある段ボールに関して“抜き型代がかかる”“抜き型をセットする時間がかかる”ためにコストがA式よりかかることが分かります。

    A式段ボールの構造について

    A式段ボールの加工方法を説明するために、A式段ボールの構造について触れておきます。A式段ボールを展開すると下図のようになります。

    段ボール

    A式段ボールは段ボールシートに縦横の折り目(罫線)を入れ、蓋(フラップ)部分とのりしろに切り込みを入れる(落とす)という単純な形状であることが分かります。
    従って、段ボールシートをA式段ボール箱に加工するには、縦横に罫線を入れ、切込みを入れ、のりしろに糊をつけで貼り合わせるという工程になります。

    A式段ボールの加工方法について

    前項でA式段ボール箱の加工について簡単に述べました。A式段ボールはこのように直線で構成されているため、自動化された段ボール製造機械で高速に製造することができます。
    A式段ボールを製造する機械は、プリスロ(プリンタースロッター)グルア(糊張り機)またはその2つが一体になったFFG(フレキソフォルダーグルア)という機械で製造されます。FFGは横罫線の入った段ボールシートを投入すれば、A式段ボール箱になって排出されるという機械です。そのスピードは最新機種で1分間に400枚(サイズにもよる)を生産するという超高速マシンもあります。
    FFGのしくみを簡単に説明します。段ボールシートを製造するコルゲーターという機械で横罫線は入った状態で入荷します。機械にセットされた段ボールシートは印刷ロールを通った後、スロッターユニットで縦罫線を入れると同時に切り込み、のりしろの溝切りをします。金属ロール上にセットされた円形の刃物(罫線刃、切込み刃、溝切り刃)を回転させることで高速加工します。寸法替えの際、金属ロール上を刃物が横移動することで様々な寸法(長・幅)に対応します。切り込み刃も箱の深さに応じ縦間隔を調整します。
    これにより、抜き型を用いずに様々な寸法のA式段ボールを加工することができます。
    前項で、箱寸法に自由度があると記載したのはこのことを指します。
    また、スロッターユニットにシートを送り込む前の印刷ユニットに印版をセットすることで、箱を加工すると同時に印刷を入れることができます。抜き加工の場合は、印刷機直結タイプの平盤機や、フレキソロータリダイカッターなど、ひとつの機械で印刷・抜き同時にできるものもありますが、ほとんどが別工程となります。貼りの迄ある箱ですと3工程にもなり、A式ケースがゴスト面で優位なのが分かります。
    このFFGも、抜きの機械と同様にセット時間はかかります。何色印刷か(印版をセットする枚数)などによりセット時間は変わってきますが、概ね5分~10分以内です。最近の機械はほとんどがコンピューターで刃物位置等を自動でセットするため、短時間での準備が可能となっています。抜き型をセットするより短時間で準備できます。
    ①~⑤でまとめたように、抜き加工のある段ボールケースよりもA式段ボールのほうが製造コスト上有利であることが分かると思います。

    まとめ

    これまで、A式段ボールが抜きケースより製造コスト面で有利なことを説明してきました。ただし、造する数量によってはA式が必ずしも安いとは言い切れません。
    同じ材料寸法として、A式で50枚生産する場合と、抜きで20,000枚生産する場合では1枚当たりのコストどうなるでしょうか?工程が違うので単純比較はできませんが、20,000枚の方が1枚当たりにした場合は安くつくことは想像できます。(型代は除外)
    また、近年段ボール加工機械が進化し、A式段ボールは飛躍的に生産能力が上がっています。段ボール加工機械も耐用年数は長く、いまだに古い機械が現役で活躍していたりもします。生産速度が変われば1枚辺りのコストもおのずと変わってきます。
    同じケース2000枚製造するのに5分でできる機械と10分かかる機械では単純計算でコストは1/2です。
    段ボールの1枚当たりの製造コストを考えるとき、数量(ロット)は大きな要因となります。
    イクソブ株式会社は、茨城にFFG3台、大阪にFFG2台とプリスロライン1台の計6ラインを有し、内3台は最新の機械です。A式ケースを得意とする会社です
    段ボールケースを含めた包装資材のコストダウンや、物流現場での改善事例など、お困りごとがあれば、イクソブ株式会社に是非お問い合わせください